いざ二重査定に直面したらどう対応すれば良いか

車査定の手続きでは、稀にトラブルが発生します。買取金額の減額などは、その代表的なものですね。
しかしそのようなトラブルが発生した時には、基本的には毅然とした態度で臨むのが良いでしょう。納得できない時には、とにかく売らない姿勢を貫くのが大切です。

 

二重査定が発生しても冷静に対応

 

そもそもそれはどのようなトラブルかと申しますと、査定金額に関するぬか喜びが発生してしまうのです。
例えばあるお店で車の状態を確認してもらって、それで伝えられた金額が68万円だったとしましょう。とても高い金額なので、そのお店に車を売却する事にしました。
ところが買取店の中にはちょっと問題がある事もあり、上記の68万円という金額がキャンセルになってしまう事例が見られるのです。その理由も様々です。例えば「社内に持ち帰って車の状態をよく見てみたところ、事故歴が発覚したので50万円台になります」等と伝えられる事があります。また修理歴や傷などによって、減額になってしまう事もあるのですね。

 

そして車の買取会社は、顧客が納得するまで粘ってくる傾向があります。何とかして50万円で買い取る為に、色々と粘ってくる営業マンが多いですね。
ところでそのような事態に直面してしまうと、車の売り手としては困ってしまうでしょう。果たしてどのように対処すれば良いか分からなくなってしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。
しかし、そこは強気に対応して構わないです。そもそも車の事故歴などの状況は、第1回目の査定の段階で見破るべきなのです。社内に持ち帰った第2回目の査定でそれが発覚するのは、どうかと思います。プロのお仕事をしているのですから、第1回目の査定の段階で全ての状況を見抜くべきでしょう。
つまりよく言われる二重査定のトラブルは、たいてい業者に非があるのですね。ですので車の売り手としては、ちょっと強気に対応しても良いでしょう。その金額では納得できないので、頑として売りません等と拒否を続けるスタイルで良いと思います。
ただし感情的にならない方が良いですね。あくまでも冷静に、大人としての対応をするのが良いでしょう。それでひたすら拒否し続けていれば、いずれ業者の方が諦めてしまいます。そして業者が退散したら、新たに別の業者を探すスタイルで問題無いと思います。
ですので二重査定が発生しても実は心配無いのですが、そもそもそのような業者と関わらないのが一番ですね。やはり買取店を選ぶのは、とても大切だと思います。インターネットなどを上手く活用して、上記のようなトラブルが発生しない業者をよくよく選びたいものです。