車買取時における書類の注意点

車の買取手続きでは、書類はとても大事です。なぜならそれが揃っていない事には、手続きがスムーズに進まない傾向があるからです。
車の買取店によっては、いわゆる即日という点をアピールしていますね。手続きを行ったその日の内に、入金が完了する会社もあるのです。

 

しかし即日の入金が完了する為には、もちろん書類が必要になってきます。つまり書類がなければ、スピーディーな売却ができない訳ですね。それを考慮すれば、やはり書類はとても大切でしょう。

 

書類によって遅延損害金が発生する事も

 

ところで書類は、思わぬトラブルの元になってしまう可能性もありますので注意が必要です。一歩間違うと、金銭的なトラブルが発生してしまう事もあるのです。
以前に聞いた話なのですが、ある方があるお店で車の査定を受けました。そしてそのお店の金額に満足をしたので、そこで売却する事に決めたのですね。そこまでは問題ありません。

 

ところがその方は、ちょっと書類の不備があったようなのですね。本来取り揃えておくべき書類が、揃っていなかったのだそうです。それで車の買取店から連絡があって、直ちにその書類を揃えて欲しいと伝えられました。
そこまではよくある話です。問題はそのお店が請求してきた遅延損害金という名目のお金ですね。「書類が揃うのが遅れてしまった場合、1週間につき17,000円くらいのお金を請求します」という話になってしまったようなのです。
上記の遅延損害金という話は、お店によってはたまに発生してしまうのですね。しかもそのような規約は、たいていお店のホームページなどに書かれています。細かい字ではありますが、確かに書かれているのです。

 

つまりお店に対する書類の不備は、思わぬ金額支払いにつながってしまうのですね。もちろんそのような事が起きれば、車の売り手としてはびっくりしてしまうでしょう。まして1週間に1,7000円という金額は、誰しも支払いたくないものです。

 

それを考えると、やはりお店に対して書類の確認をしておくのが一番大切ではないでしょうか。たいていのお店の公式サイトには、どのような書類が必要か書かれています。またホームページには記載されていなくても、たいてい車査定の手続きではどのような書面が必要になるか説明されるはずです。それを遅延なく取り揃えておくのが、大切なのですね。

 

後になって思わぬ損害金を支払わないようにする為にも、書類を揃えておきたいものです。車買取においては、色々な意味で書類は重要度が高いと思います。